腸脛靭帯炎(ランナー膝)について

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

スポーツをしていると痛くて支障が出る膝の外側の痛み(腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)(ランナー膝))は、“早期に的確な判断と治療”が最も効果的です。トレーナー経験豊富なスタッフが、親切、丁寧にけがの状態や痛みの原因を説明します。

 

○このような症状でお困りではありませんか?

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

  • 打撲や捻ったなど痛めたきっかけはないが膝の外側が痛い
  • 走るだけでも膝の外側が痛むのでスポーツができない
  • 病院で部活を休むよう言われたが、レギュラーを失いたくないから休めない
  • 部活を休んでいるが、痛みが引かない
  • 病院で腸脛靭帯炎(ランナー膝)と診断され、治療しているがなかなか痛みが引かない

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

 

よく運動をする方で膝の外側に痛みを訴える事があります。
特に接触プレーで打撲したり、走っている時に捻ったなどはなく「走っていると膝の外側が痛い」「押さえると膝の外側が痛い」このような症状が出た場合は、腸脛靭帯炎(ランナー膝)の可能性があります!

 

なぜ膝の外側に痛みが起きるかというと、太ももの外側には腸脛靭帯(画像の青い色の部分)という大きな靭帯があります、スポーツをしていて腸脛靭帯と大腿骨が何回もこすれることで痛みが起きてくる使いすぎの症状を腸脛靭帯炎(ランナー膝)といいます。

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

そのまま放っておいて無理に運動を続けていくと、走ったり、ボールを蹴ったり、ジャンプしたりはもちろんですが、歩くだけでも痛くなります。
治療のポイントは腸脛靭帯のストレッチをして柔軟性をつける事です!

 

当院では腸脛靭帯炎(ランナー膝)の痛みに効果的なテーピングを巻く事ができるのでスポーツを続けながら腸脛靭帯炎(ランナー膝)の改善を行う事ができます!

 

スポーツのケガは、早期に的確な判断と治療が大切になります。おざき鍼灸接骨院は、老若男女、全ての患者さまに利用され、満足していただいている実績があります。特にスポーツでのケガの治療には自信がありますので、腸脛靭帯炎(ランナー膝)でお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

実際の治療例と治療経過

10代 男性 学生

  • ・【主訴】持久走をしていて膝の外側に痛みが出始めた。
  • ・【症状】持久走を続けていると痛みが強くなり、押さえた時も痛みが強く出る

 

初回治療時

初診時、膝の外側に痛みがあり、走る量が増えてくると痛みが強くなる、グラスピングテスト(腸脛靭帯炎の検査法)と押さえると痛みが強くでる。
ストレッチを行い、テーピングをしたところ痛みが少し軽減した、持久走をしている時に痛みがどうなるか経過を診ていく。

 

1週間目

持久走をしている時の痛みの強さを数字で表す(一番痛い時を10、痛くない時を0とする)と、どれだけ走ったかの違いで日によって痛みにばらつきがあるが5くらいまで軽減、テーピングとストレッチで経過を診ていく。

 

2週間目

痛みの強さは3くらいまで軽減した、持久走をしながらでもしっかりストレッチをしているので軽減するのが早い

 

3週間目

持久走中の痛みの強さが0になった為1週間走っても痛みがないなら終了

 

1ヶ月

1週間様子を見て走っている時の痛みがあがる事がなかったため終了

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

 

おざき鍼灸接骨院の治療の流れ

①問診を重視!施術計画を立てる事により
 あなたの痛みが最短で改善するよう施術していきます!

最初に患者様の症状など詳しくお聞きし、ケガの原因をエコーや骨模型などを使い視覚的に患者様にわかりやすく説明します。

 

当院では問診・検査・施術で得られた結果を元に、あなたのケガが最短で改善するようベストな治療メニュー、計画的な治療をご提供します。

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

②スポーツ選手も行う!バキバキしない即効性のある技術!

当院はアメリカ製の特殊ベッドを使い、無痛で行う背骨・骨盤矯正のほか、手技療法・物理療法などを使ってケガの改善を図り、どこに行っても取れない症状の根本改善をサポートします。痛みのある部位だけでなく、全体的に個々にあった施術を行います。

 

また、当院ではケガを早期に回復させるため特殊電気療法を行っております。これはプロのスポーツ選手も愛用する優れた機器で市内には当院しかありません。

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

③あなたの体の状態に合わせて、
 体幹トレーニングや再発防止のストレッチを指導します!

病院や整体では教えてくれない、プロスポーツ選手も行う、再発防止のストレッチを指導。インターネットやテレビでもストレッチの情報が多くありますが、ストレッチはただ何となくやるだけでは全く効果がありません。

 

当院では正しいフォームで効果的なストレッチを指導し、あなたのケガの状態に合わせたストレッチ指導を行うため、再発しない体を取り戻す事ができます。

 

またJOYトレという「30分寝ているだけで体幹をトレーニングできる機器」があります。ケガでスポーツを休んでいるときでも行えるため、体力や筋力を落とすことなくスポーツ復帰に臨むことにも役立ちます。体幹を鍛える事で足にかかる負担も軽減され再発の防止にもつながります!

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

 

実際におざき鍼灸接骨院でケガの治療を受けた患者様の声

【10代・学生・ダンス】

  • 腸脛靭帯炎治療
  • 膝を痛めて最初は歩くのも痛かったですが、3回くらいの治療でほとんど痛みもなくなりました。

     

    ※患者の感想であり、効果効能を保障するものではありません

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

タップで紹介!