腱鞘炎について

 

シップを貼っても改善しない腱鞘炎による手首肘の痛み

 

トレーナー経験豊富なスタッフが、親切、丁寧にケガの状態や痛みの原因を説明、施術し再発まで防ぐことができるのか?

 

  • 手や肘の痛みがどんどんひどくなってきている
  • 病院で腱鞘炎と言われシップを貼っているが痛みが変わらない
  • 手のストレッチをしているが痛みが一向にひかない
  • 痛みが治ったと思ってもまた時間がたつと痛みが出てしまう
  • 家事など日常生活でも痛みがでる

 

実際に良くなられた患者さんの症例


50代 女性 美容師
【主訴】仕事でも日常生活でもよく手を使うので痛くなってきた
【症状】痛みが強く軽く握ると痛い、腫れもあり押さえると痛い、握力:左手10kg 右手1kg

 

【治療・経過】

初回・・症状が強く握力も全然入っていないため、ギプス固定を施した。痛みの部分だけ開窓して特殊な電気を行い1週間の経過を見る
1週間後・・ギプスを外し痛みを数字で確認すると10→3(1番痛い時10、痛くない時0)まで軽減、ただし今までの痛みが強く怖さが残っているのでテーピングで経過を見ていく
2週間後・・ストレッチとテーピングを行いながら特殊な電気で経過を見ていくとPS10→2まで軽減
3週間後・・痛みも怖さもほとんどなくなり日常生活にも支障がないくらいまで軽減
4週間後・・再発しないようにストレッチをしながら経過をみていく

 

腱鞘炎を放っておくと?

「使いすぎです」

「サポーターをしてなるべく使わないでください」

「シップを貼って安静にしてください」

 

などそんなふうに病院などでは言われるかもしれません。

 

しかし、それでは中々良くならないのが腱鞘炎の特徴です。

 

また最近は運動だけでなく、パソコンやスマホ、主婦の方も家事による使いすぎの腱鞘炎で痛みをかかえている方も多いです。

 

そのうち治るだろうと放っておくと日常生活でも痛みを感じ支障がでます。腱鞘炎は、早期に的確な判断と治療が大切になります。

 

おざき鍼灸接骨院は、老若男女、全ての患者さまに利用され、満足していただいている実績があります。

 

特にスポーツや日常生活でのケガの治療には自信がありますので、痛みでお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

おざき鍼灸接骨院の治療の流れ

①問診を重視!
施術計画を立てる事によりあなたの痛みが最短で改善するよう施術していきます!

最初に患者様の症状など詳しくお聞きし、痛みの原因をエコーや骨模型などを使い視覚的に患者様にわかりやすく説明します。

 

当院では問診・検査・施術で得られた結果を元に、あなたの痛みが最短で改善するようベストな治療メニュー、計画的な治療をご提供します。

 

 

②痛みを早期に回復させる電気療法、必要であればギブス固定!

当院ではケガの痛みを早期に回復させるため特殊電気療法を行っております。

 

これはプロのスポーツ選手も愛用する優れた機器で市内には当院しかありません。もちろん腱鞘炎にも効果的です。

 

また、当院はなかなか治らない腱鞘炎に対してしっかりとギブス固定を行います。

 

ケガは中途半端な治療が、1番回復が遅れてしまいます。

 

早期に的確な判断、治療が大切になります。

 

 

③あなたの体の状態に合わせて、体幹トレーニングや再発防止のストレッチを指導します!

病院や整体では教えてくれない、プロスポーツ選手も行う、再発防止のストレッチを指導。

 

インターネットやテレビでもストレッチの情報が多くありますが、ストレッチはただ何となくやるだけでは全く効果がありません。

 

当院では実際に今までばね指の症状を改善してきたストレッチをお伝えさせて頂きます。正しいフォームで効果的なストレッチを、あなたのケガの状態に合わせて指導を行うため、再発しない体を取り戻す事ができます

 

 

患者様の喜びの声


(女性・Hさん)
仕事で腱鞘炎(両手)になりホームページでここの接骨院に来て適切な処置で今は仕事もバリバリ復帰できるようになりました。先生方本当にありがとうございます。

 


(女性・Hさん)
仕事中に痛めた右手首が7回の治療で良くなりました。今は仕事中の痛みは全くないです。

※患者様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

タップで紹介!