ジャンパー膝について

スポーツをしていると痛くて支障が出る膝の皿の下の痛み(ジャンパー膝)は、早期に的確な判断と治療が最も効果的です。トレーナー経験豊富なスタッフが、親切、丁寧にケガの状態や痛みの原因を説明します。

 

このような症状でお困りではありませんか?

  • 膝の皿の下が痛く、スポーツができない
  • 病院で部活を休むよう言われたが、レギュラーを失いたくないから休めない
  • 部活を休んでいるが、痛みが引かない
  • 病院でジャンパー膝と診断され、治療しているがなかなか痛みが引かない
  • 走るだけでも膝の皿の下が痛むのでスポーツができない

 

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)とは

(写真は右膝を正面から見た図)

 

よく運動をする方や学生で膝の皿の下に痛みを訴える事があります。

「押さえると膝の下が痛い」「走っていると膝の下が痛い」このような症状が出た場合は、
ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の可能性があります!そのまま放っておいて悪化すると、運動している時に痛いだけではなく歩くだけでも痛くなってしまいます。

 

なぜ、膝の下に痛みが起きるかというと、膝の下には大腿四頭筋という太もも前面の筋肉が付着します。繰り返し走ったり、ジャンプをしたりすることで膝蓋腱(画像の黄色い字の部分)が何度も引っ張られて負担がかかってしまい、痛みが発症します。これを「ジャンパー膝(膝蓋腱炎)」と言います。

 

治療のポイントとしては、安静にして冷やしたり湿布を貼るというよりも、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)の硬さが原因となるので柔軟性を付けて負担を減らしてあげることで改善がみられます。

当院ではジャンパー膝の痛みに効果的なテーピングを巻く事ができるのでスポーツを続けながらジャンパー膝の改善を行う事ができます!

 

スポーツのケガは、早期に的確な判断と治療が大切になります。おざき鍼灸接骨院は、老若男女、全ての患者さまに利用され、満足していただいている実績があります。特にスポーツでのケガの治療には自信がありますので、ジャンパー膝でお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

実際の治療例と治療経過

10代 男性 学生 スポーツ:ラグビー

•【主訴】ラグビーをしていて1年前から右膝に痛みがあり、そのままラグビーを続けていたら左膝も痛くなってきた、両ひざの痛み。

•【症状】特に練習後に痛みが強くなり、歩くだけでも痛い。押さえると痛みがある。

 

初回治療時

初診時、問診で話を聞かせてもらい、両膝の下に痛みがあり練習量が増えてくると痛みが強くなる。検査をすると押さえた時の痛みの場所とストレッチした時の痛みから「ジャンパー膝」の可能性が考えられる。

 

ストレッチを行い、テーピングをしたところ痛みが少し軽減した。家でもできるストレッチ指導をして、ラグビーをしている時に痛みがどうなるか経過を診ていく。

 

1週間目

ラグビーをしている時の痛みの強さを数字で表す(一番痛い時を10、痛くない時を0とする)と、練習量の違いで日によって痛みにばらつきがあるが5まで軽減。テーピングとストレッチで経過を診ていく。

 

2週間目

痛みの強さは1くらいまで軽減した。伝えたストレッチを家でもできているので治りが早い。

 

3週間目

ラグビーの練習量があがり、痛みの強さが3と少しあがった。

 

1か月

練習中の痛みを気にすることなくプレーができるようになった。1度痛みがあがったことがあったので、2週間~1か月程ラグビーを続けながら経過を診て痛みがなければ終了。

 

2か月後

練習量が増えても痛みが再発することがなくなった為、治療終了。

 

おざき鍼灸接骨院の治療の流れ

①問診を重視!施術計画を立てる事によりあなたの痛みが最短で改善するよう施術していきます!

最初に患者様の症状など詳しくお聞きし、ケガの原因をエコーや骨模型などを使い視覚的に患者様にわかりやすく説明します。当院では問診・検査・施術で得られた結果を元に、あなたのケガが最短で改善するようベストな治療メニュー、計画的な治療をご提供します。

 

 

②スポーツ選手も行う!バキバキしない即効性のある技術!

当院はアメリカ製の特殊ベッドを使い、無痛で行う背骨・骨盤矯正のほか、手技療法・物理療法などを使ってケガの改善を図り、どこに行っても取れない症状の根本改善をサポートします。痛みのある部位だけでなく、全体的に個々にあった施術を行います。

 

また、当院ではケガを早期に回復させるため特殊電気療法を行っております。これはプロのスポーツ選手も愛用する優れた機器で市内には当院しかありません。

 

 

③ あなたの体の状態に合わせて、体幹トレーニングや再発防止のストレッチを指導します!

病院や整体では教えてくれない、プロスポーツ選手も行う、再発防止のストレッチを指導。インターネットやテレビでもストレッチの情報が多くありますが、ストレッチはただ何となくやるだけでは全く効果がありません。

 

当院では正しいフォームで効果的なストレッチを指導し、あなたのケガの状態に合わせたストレッチ指導を行うため、再発しない体を取り戻す事ができます。

 

またJOYトレという「30分寝ているだけで体幹をトレーニングできる機器」があります。ケガでスポーツを休んでいるときも行えるため体力や筋力を落とすことなくスポーツ復帰に臨むことにも役立ちます。体幹を鍛える事で足にかかる負担も軽減され再発の防止にもつながります!

 

 

実際におざき鍼灸接骨院でケガの治療を受けた患者様の声

【中学生・男性・サッカー】

  • ジャンパー膝治療
  • 持久走で足が痛くなったけど痛みなく走れるようになりました。

     

    ※患者の感想であり、効果効能を保障するものではありません

【小学生・男性・サッカー】

  • ジャンパー膝治療
  • 足が痛くてダッシュができなかったけどダッシュができるようになりました。

     

    ※患者の感想であり、効果効能を保障するものではありません

【中学生・男性・サッカー】

  • ジャンパー膝治療
  • サッカーで右ひざを痛め電気治療をしてもらい5回目で治りました。

     

    ※患者の感想であり、効果効能を保障するものではありません

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

タップで紹介!