ゴルフ腰痛について

ゴルフ腰痛の症状について説明すると、腰を反らしたときに痛みが走る、ぎっくり腰のような状態が続くが主な症状と言えます。ゴルフのスイングの姿勢は、腰部分にある椎間関節に大きな負担をかけるものです。椎間関節は前に屈んだり後ろに伸びる動作には対応出来ますが、回すような動作には腰の動きを制限する性質があります。

 

ゴルフ腰痛の原因

ゴルフ腰痛の症状について述べる際に、腰痛が主訴となるのはこのためです。原因については複数存在しており、ゴルフの際の腰の反りすぎや腰部の過度な緊張があげられます。特に力み過ぎはゴルフ腰を引き起こしやすく、ぎっくり腰のような痛みの原因となりやすいことを知っておくべきです。

 

原因について他にもあげられる要素には、ストレッチ不足があります。腰部分の筋肉をほぐさないままゴルフを行ってしまうと、ショットを打ったときに過度な力がかかり、ゴルフ腰痛の原因となるのです。

 

特に長時間コースをまわるような時には、事前にストレッチを行う必要があります。原因については動作不足、つまり日頃の運動不足も一因とされており、カートなどでコースを回る際には血流にも気を使うべきでしょう。

 

ゴルフ腰痛でお悩みなら当院へお任せください

血流が悪くなると、腰への負担が高まりゴルフ腰痛を引き起こす可能性が高まります。症状が悪化する前に当院へお越しください。

 

あなたのお悩みの症状を改善致します。ご来院心よりお待ちしております。

料金メニューはこちらから

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

タップで紹介!
ご予約・お問い合わせ