産後の腰痛と肩こりについて

産後骨盤矯正の必要性

産後はなぜ骨盤が歪むのか?!産後骨盤矯正をすると!!スッキリ☆

体は妊娠の3ヶ月から出産直後は『リラキシン』が卵巣から分泌されます。

 

これは赤ちゃんがスムーズに出られる様に骨盤や恥骨結合などが柔軟になり産道を広げ出産しやすくするホルモンです。

 

そのため骨盤・筋肉・関節など体全体が緩んでいまい通常の状態より体にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

妊娠時や産後などは体重が通常の時より増えている事が多いため体への負担も大きく骨盤が歪みやすく出産時に開いた骨盤もそのままの状態であることが多いと考えられます。

 

そのため体重も落ちにくくお尻などは大きくなり下半身太りやプロポーションが崩れるといったことになったりします。

 

しかし『リラキシン』により柔軟になっている体だと裏を返せば『矯正』もしやすい状況であるので産後一ヶ月経ってから早ければ早い程、改善スピードも早いと考えられます。

 

産後の矯正を早急にすれば産後によって生じた骨盤の歪みによって引き起こされた『肩こり』『腰痛』などもスムーズに改善すると考えられます。

 

産後の骨盤はこうなっている

産道を確保するため骨盤下口(恥骨と坐骨、仙骨に囲まれた部分)が広がっています。

 

出産時はホルモン『リラキシン』が働き筋肉が緩み『恥骨結合』が離れます。

 

そして仙骨が後ろ側に頭上に上がり10センチ位の産道を確保します。

 

この際に骨盤底筋郡は大きく損傷し産後の体型を作ってしまうのです。

 

出産後の育児などを中心とした環境の変化!!

産後においての体の不具合を訴えてご来院される方々がおられます。

 

津新町の周辺の方々は意外にも地方から引越しされて来た方も多く津市に慣れてない人が多いようです。

 

場所に慣れていないというストレスと出産後、初めて育児をするというプレッシャーと責任など実家から離れていて実母に『手伝い』『悩み相談』等が出来ないという環境の中で頑張っておられるお母さん方が多いようです。

 

産後の体調が整っていない状況で育児を上手にこなさなければならない精神的ストレスは想像するだけでも大変なことだと思います。

 

体調が整っていない状態ではより良い『育児』が大変なのではないでしょうか?

 

当院では産後においての体の不具合(肩こり・腰痛・睡眠不足による疲労感 等)は根本的原因の1つである『骨盤の歪み』を矯正し正す事ですっきりした改善を見出そうとしています。

 

産後6ヵ月以上経過しても産後骨盤矯正は効果的です。

当院の産後骨盤矯正は基本的に産後1ヶ月~6ヶ月が最も効果的だと認識し施術を行っております。しかしタイミング的にこの産後6ヶ月以上経過してしまったから産後骨盤矯正を受けても効果は上がらないと思われると思いますが、決してそうではありません。

 

改善スピードが産後1ヶ月~6ヶ月の方よりほんの少し時間がかかるというだけです。

 

筋肉の『緊張度合い』や『骨盤の歪みの程度』などにもよりますが、最大限に最短で結果を出せる様にその人にあった『産後骨盤矯正』の『施術計画』を立てていきます。

 

当院の良さと特徴としましては『産後骨盤矯正』を受けて頂いても他の気になる体の症状がある場合、またあった場合ご遠慮なくご相談下さい。

 

相談された症状も合わせて改善出来るような『施術法』をその場で組み立てて施術を行っていきます。

 

産後あなたの骨盤は大丈夫?肩こり・腰痛などはありませんか? 妊娠すると色々と身体の環境や状態は変わってきます。

 

一番認識度が高いのは『体重』です!それと同時に気分の移り変わりが激しくなってストレスを感じたり不安を感じたりします。

 

その状態で出産まで過ごすことでしょう。 女性としては大仕事です。それが『出産』だと思います。

 

無事に出産しあなたの身体のコンディションはどうですか?

 

妊娠前と妊娠中、そして出産後何か変化はありましたでしょうか?

 

それは『肩こり』ですか? 『腰痛』ですか? また『偏頭痛』などの他の症状ですか?

 

それは出産による骨盤の歪みが原因かもしれません。

 

産後骨盤矯正はそういう症状を根本的に改善するのに非常に効果的です。

 

産後太りの原因

産後太りの原因はどういうところにあるのでしょうか?

 

原因を知ることで、産後ダイエットが成功する近道になると思いますので、 いくつかの原因をあげてみたいと思います。

 

産後太りの原因としては、妊娠中の影響が、産後まで残ってしまうことが多いようです。

 

基礎代謝量の低下

妊娠中はどうしても運動不足になりがちで筋肉量が減少しています。

 

減少した筋肉のかわりに、脂肪の割合が増え基礎代謝量が低下しています。

 

産後の体は、カロリーを消費しにくく、太りやすい体質に変化している可能性が高い為。

 

食生活の変化

授乳することで、摂取カロリーの多くは新生児に与えられます。

 

その生活習慣が残り、授乳期が終わっても そのままの食事を続ける方も多く、そういうケースは当然、摂取カロリーがオーバーしてしまいます。

 

骨盤のゆがみと開き

出産の際、骨盤は開きます。開いた骨盤の矯正を行わずに、 開いたままでは、骨盤の中には胃や腸が落ち込み、下腹部が大きく出たり、 お尻が大きくなりやすく、体脂肪率が増えるたりするようです。

 

腹筋のゆるみ、妊娠期間の長い間、伸びた状態になっていた腹筋は、 出産後も元の状態にはなかなかもどりません。

 

腹筋は本来、内臓を守る役目をしているのが、その機能を十分に果たせなくなるため、身体は皮下脂肪を蓄えることによって内臓を保護し、 産後おなかの周辺に脂肪がつきやすくなるようです。

 

以上のような事が一般的な産後太りの原因と考えられています。

 

まずは産後1ヶ月から6ヶ月以内が理想ですが、それ以上の方も効果的ですので是非、産後骨盤矯正を受けて見てください。

 

産後骨盤矯正について

出産後、体型が崩れた!体質が変わって太りやすくなった!等とよく耳にします。

 

そこで産後の方の中にはしばらくすると体重が落ちて、元の体型に戻る人もおられると思います。それはその人の体質だから年齢が年齢だからと諦める人も多いでしょう。

 

その戻った人の中には当然、何もしないで戻ったという人もいるでしょう!あるいは何かしたから結果的に戻ったという人もいるはずです。

 

そこの何かというのが当院の産後骨盤矯正の説明に結びつくわけですが・・・。

 

その周りの方全てが当院の産後骨盤矯正を受けたと言っているのではありません。

 

あしからず!(笑) 結論から言いますと体質が変わったのではなく、骨盤の歪みがあるため、代謝が落ちて戻りにくくなっているので、そこをもどしていけば必然的に戻っていきます。

 

なので産後の骨盤矯正をすると個人差にもよりますがある程度は出産前、妊娠前に履けた、ジーンズが入るようになるのです。

 

出産された皆様は出産という大仕事の後にはさらに育児という大仕事があると思います。

 

ストレス、過労、不眠、等も体を悪くする要素がたくさんあります。

 

そこで当院の産後骨盤矯正はそこのところも同時に回復して頂くためのトータル的なケアで皆様に満足度の高い先回りした改善兼メンテナンスも含めた施術で組み立ててあります。

 

産後骨盤矯正とは?産後矯正はどんなところを矯正するの?

一般的な人だと『仙腸関節』『股関節』や『骨盤周辺の関節』『腰椎』『背骨』などを矯正します。

 

骨の歪みは検査をしてみないと分からないですが、産後において、個人差はありますがある一定のパターンがあります。

 

骨の歪みによって負担がかかった筋肉などを『骨盤矯正』によって緩和し全身のツボを優しく『手技療法』によって刺激を加え和らげていきます。

 

筋肉の緊張を和らげた後、骨の歪みは『矯正しやすく』なったところで無理のない骨盤矯正で『調整』『矯正』を行っていきます。

 

『施術自体』は思ったより痛みがなくむしろ『心地良い』『気持ち良い』と好評頂いております。

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

電話 ネット予約 LINE予約 LINE予約
  • 店舗画像
  • 営業時間

    休診:日・祝+水・土 午後(土曜診療 13時迄)

おざき鍼灸接骨院

住所:〒514-0042 三重県津市新町2丁目1-52

アクセス:近鉄名古屋線【津新町駅】下車 徒歩5分

三重交通路線バス【津新町駅前】下車 徒歩5分