腰椎分離症・すべり症について

みなさん、腰椎分離症やすべり症分離すべり症などご存じですか?成長期(小学生から高校生)の過程で、腰痛になった場合、このような病気になる場合があります。

 

特にスポーツを頑張っている学生!!注意が必要です!!

 

今日はこの腰椎分離・すべり症について書いていきます。

 

腰椎分離・すべり症について

背骨(せぼね)は椎骨(ついこつ)という骨が連なってできております。

 

脊椎の前方部分は椎体(ついたい)、後方の椎間関節のついている部分は椎弓(ついきゅう)と呼ばれます。

 

椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。

 

分離症

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。

 

すべり症の発症しやすい年齢としては

小学生中学生高校生

 

高校生になると大人の骨になってきていますのですべり症になる確率は低いですが、小学生はすべり症になる確率が高いです。

 

小学生で腰が痛いという場合には特に気を付けなければなりません。

 

分離すべり症

 

分離すべり症は繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を来すことが多く、高度なすべり症以外では通常、排尿排便障害は認めません。

 

すなわち最悪の場合、歩行によって下肢痛やしびれ感が出現し、休むと軽快する間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状や、会陰部(えいんぶ)のしびれ感や、排尿排便障害を来します。

 

分離すべり症の症状・特徴

最も多い症状は腰痛です。

青少年のスポーツ活動で腰痛が出現する場合は、分離症を疑ってみることが必要です。

 

このような時期、症状は危険信号!!

①成長期(小学生~高校生)

②クラブ活動など運動を頑張っている子供

③腰の真ん中が痛い

④長時間の同一姿勢(授業中など)でじっとしていられない

⑤足にしびれや違和感がある

 

特に①~⑤が出ている場合は分離・すべり症の疑いがあるため注意する。

 

スコッチテリアの首輪像

レントゲンで撮影した際に分離症を確認すると
犬の首輪のように見えるため
スコッチテリアの首輪像とも言います

 

一般的な治療方法

青少年の腰椎分離症では、急性期であれば6カ月ほどのコルセット着用で分離部の骨癒合(こつゆごう)が期待できます。

 

薬物療法では、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを用います。

 

そのほかの保存療法には、ほかの脊椎疾患と同様に腰痛に対しての理学療法や、下肢痛、(神経根性疼痛)に対しての神経ブロック療法などがあります。

 

これらの保存治療でも症状が改善しない場合は手術療法が選択肢に入ってきます。

 

青少年の分離症に対して、分離部をつなぐ分離部修復術と呼ばれる方法も行われつつあります。

 

最近では、手術療法の技術進歩により、手術後のベッド上安静期間も以前より、格段に短くなってきています。

 

おざき鍼灸接骨院での治療方法

まず、どのようにして負傷したのか腰の状態を診ながらしっかり問診を行っていきます。

 

2週間の安静・治療を行い痛みが引いたら分離・すべり症の可能性が低く、痛みの変化がない場合は病院へ紹介しレントゲンやMRIなどの検査を依頼しております。

 

骨折の可能性がなく回復が見込める状態であれば治療を行っていきます。

 

筋肉を緩めストレッチを行い、痛みの部分にはハイボルテージという特殊な電気を流していきます。

 

オリンピック選手などのプロの選手も使う機器と同じなので痛みを取るのに優れています。

 

分離症についてのまとめ

分離症とは腰椎の疲労骨折

  • スポーツをしている学生に多く特に中学生くらいの男子に多い
  • 特に野球、テニスなどの捻る動作のスポーツで好発
  • 分離症が起きるのは90%が第五腰椎
  • 分離するのは上関節突起と下関節突起の間
  • 腰椎分離すべり症とは分離症が原因で骨の安定性が無くなり上下の腰椎が前後にずれる状態
  • 分離すべり症の発症率は小学生>中学生>高校生の順で小学生に好発する
  • 分離症をレントゲンで撮影した時にスコッチテリアの首輪像が確認できる
  • 分離症を発症した時は絶対安静、スポーツ禁止、治癒まで約6カ月。
  • 骨癒合後は体幹を鍛える
  • 分離症にならないためには早期発見、早期治療、体幹トレーニング、そして痛みの強さによっては休養!

 

まずは、早期に見つけることが大切になります。

 

成長期でスポーツを頑張っている学生で、腰痛が1週間以上よくならない場合は早めの受診をおすすめします。

 

当院では早期に見つかり少しの安静でよくなった学生がたくさんいます。お困りの方はご相談くださいね(^^)

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

電話 ネット予約 LINE予約 LINE予約
  • 店舗画像
  • 営業時間

    休診:日・祝+水・土 午後(土曜診療 13時迄)

おざき鍼灸接骨院

住所:〒514-0042 三重県津市新町2丁目1-52

アクセス:近鉄名古屋線【津新町駅】下車 徒歩5分

三重交通路線バス【津新町駅前】下車 徒歩5分