交通事故のよくある症例

首の痛みの原因は?

交通事故による追突の衝撃で、首に大きなダメージを受けることがあります。

頭部の重さはおよそ5キロ程度あります。交通事故の衝撃で、およそ5キロある頭部が、前後に激しく大きく揺れます。そのため、通常考えられないような大きな力が、首に負担となってのしかかるのです。

 

関節が多く、柔らかい組織が多い首は、ダメージを受けやすい場所です。

 

首には筋肉や神経、靭帯、脊髄など様々な組織が集まっていますので、激しい衝撃を受けることによって、ダメージを受けやすい場所といえます。そのため、交通事故に遭われた患者様で、一般的に多い症状として、むち打ち症があります。 また、むち打ち症で来院される、およそ7割から8割の患者様が「頸椎捻挫型」のむち打ち症です。

 

頸椎捻挫型のむち打ち症は、首周りの筋肉や靭帯を、交通事故の衝撃によって痛めることにより、その部分に炎症が起こることで発症します。早ければ交通事故直後から、場合によっては数時間後、翌日から首の痛みや腫れなどを感じる場合があります。

 

首の痛み、むちうちの解消・改善方法

むち打ち症と一言で言っても、頸椎捻挫型、神経根型、バレ・リュー症候群型、脊髄症型と様々なタイプがあります。まずは、病院やクリニックなどの精密検査を受け、自分の損傷部位がどこなのかを明確にしておく必要があるでしょう。

 

また、損傷部位が明確でないのに関わらず、首の痛みが消えない場合は、内部の見えない筋肉や神経組織にダメージを受けていることが考えられます。

 

一般的には安静により頸椎捻挫の初期症状である痛みや腫れを抑え、3~4週目に入ってから温熱療法で首周りの痛みや炎症をさらに抑え、首の組織にかかっている圧力を抑え、血流や筋肉をほぐしていくこととなります。おざき鍼灸接骨院ではカイロプラクティックでつかわれる「トムソンベッド」という施術ベッドをつかった安心・安全な頚椎矯正をおこないます。

 

事故後、3~4週間経っても首の痛みが消えない場合は、接骨院での治療が効果的です。

 

長期間、整形外科などを受診しているのに、首の痛みがとれない場合、事故による衝撃で歪んだ骨が、筋肉を圧迫し続けている可能性があります。接骨院で骨を矯正することで、関節や椎間板にかかっている余分な負担を取り除き、それに付随する筋肉や神経組織の負担を抑えることができます。

 

炎症を抑えるだけでは、痛みが改善しないという場合、ぜひ当接骨院にて根本から完治を目指しましょう。

 

また、日常的に気を付けてほしいのは、頸椎捻挫の場合、筋肉や靭帯が炎症を起こしていますので、ご自身の手による過度なマッサージは炎症が悪化する場合があります。

頸椎捻挫による首の痛みは、プロの接骨院へ、ぜひおまかせください。

 

おざき鍼灸接骨院では、下記の治療を行っております

むちうち症の中で、一番多い頚椎捻挫型の場合 ・むちうちで歪んでしまった、骨のずれの矯正 ・症状に合わせたマッサージ ・症状に合わせた鍼治療、ハイボルテージ治療

 

手足のだるさ・しびれ

手足のだるさやしびれの原因は?

腕を打撲した覚えも、損傷した覚えもないのに、交通事故に遭ってからというものの、腕や手のしびれが気になる。

 

そのような場合、原因がわからなくて悩む患者様がおられるようです。このような症状は、腕の神経を司っている、神経が原因である可能性があります。

 

事故の衝撃により、頭が大きく振られた際に、首の中心にある神経根が首の骨によって圧迫されたり、事故の衝撃で神経が引き伸ばされたりすることがあります。つまり、腕のしびれやだるさは、それを司る神経が何らかの事情で、挫傷している場合に起こりやすいのです。

 

神経根症型とは、交通事故の衝撃で、頸椎から出ている神経根が、骨と骨の間に強く挟まれ、圧迫されることによって起こるむち打ち症のひとつです。

 

神経根症型は、病院やクリニックなどで、MRIや筋電図検査などの精密検査、医師の診断を受けることで、調べることが可能です。

 

症状としては、腕や手のしびれ、うずくような痛みが最も多く、事故後にいずれかの症状が現れた場合は、必ず診察を受け、診断書を取っておくようにしましょう。

また、骨と骨の間のクッション材である椎間板が、事故の衝撃によってずれてしまった場合、その近くにある神経根を圧迫することがあります。

 

また、血管が損傷して血腫ができた場合、その近くに神経根があれば、それを圧迫して神経根症を発症する場合があります。

 

いずれにしても、病院やクリニックなどで、精密検査を受けて、症状を起こしている部位や原因を突き止めておく必要があります。

その後のリハビリ・治療は津市おざき鍼灸接骨院にお任せください。

 

手足のだるさやしびれの解消・改善方法

神経根症型によるむち打ち症については、保存療法がよいとされています。

保存療法とは、身体を傷つけずに、治療する行為をさします。

 

自然治癒力を高める働きのある、適度な運動やマッサージ、柔道整復、安静などがあります。

 

神経根症は首を後ろにそらしたり、上を見上げたりすることで、神経の幅が狭まり強い症状が現れることがありますので、高い場所を見上げたり、高いところから物を取り出したりする時には、注意が必要です。また、首の根本付近にある、腕を司る神経の束(腕神経そう)を痛めている場合は、逆に重い荷物を持ち上げたり、うつむいたままの状態で仕事を長時間続けたりした場合に、症状が悪化する場合があります。

 

その場合は、重い荷物は運ばない、パソコン作業が多い方は画面の角度を変え、姿勢を正しくする、椅子に座ったり目線を低くしたりすることで、うつむき姿勢を改善するなどの工夫が必要でしょう。

 

神経による痛みやしびれは、周囲には理解されにくく、また障害を起こしている部分が見えにくい為に、放置してしまうことが多い症状です。適切な診断と、長期の治療が必要になってくる症状ですので、放置することなく、気長にゆっくり治療を進めていきましょう。

 

おざき鍼灸接骨院では、下記の治療を行っております

腕のしびれに対して、自然治癒力を高め、血流を良くします。 ・症状に合わせたマッサージ ・症状に合わせた鍼治療 ・ご自宅で可能なストレッチやマッサージ方法などのご提案

 

耳鳴り・めまい

耳鳴りやめまいの原因は?

交通事故後に耳鳴りやめまいが起こる原因としては、様々な要因があげられます。

PTSDによるもの、事故の衝撃による交感神経の圧迫や、それに付随する神経の圧迫や損傷によるもの、事故によるストレスやホルモンバランスの乱れによるもの、などがあげられます。

 

耳鳴りやめまいに関しては、様々な医療機関で診療を受け、自分の症状に具体的に当てはまると思われる病状や原因を探しだすことが、何より大切になってきます。事故の衝撃によるムチウチで交感神経の圧迫や、それに付随する神経の圧迫や損傷によるものと思われる症状に対しては、おざき鍼灸接骨院での頚椎矯正や痛みの深部にとどくハイボルテージ、柔整マッサージ、鍼灸治療も効果を発揮します。

 

残念ながら、病院での検査では耳鳴りや目眩・不定愁訴などは異常がみられず、適切な治療をうけられないケースもあります。

 

外傷がないので周囲にも理解されず「精神的なもの」と判断されることもあります。しかし、おざき鍼灸接骨院では「精神的なもの」とは思いません。不調があらわれるのは、どこかに「原因」があるのです。そしてその「原因」となっているのは「ムチウチ」である場合が多いです。

 

おざき鍼灸接骨院では「ムチウチ」の改善から目眩や耳鳴りの症状を回復させたケースが多くありますので、悩んでおられる方はご相談ください。

 

バレ・リュー症候群型のむち打ちは、 首の側面にある交感神経が、事故の衝撃により圧迫されたり、交感神経と繋がっている、首中心部にある神経根を圧迫したりすることによって、自律神経失調症に似た、様々な症状が発生します。

 

主に起こる症状としては、交感神経が過活動になることによって熱や血圧が上昇し、睡眠をとることができなくなる不眠、それに付随するめまいや耳鳴り、倦怠感、疲労感、脱力感、動悸、息切れ、視力障害、食欲不振、腹痛、下痢、便秘など、あげはじめるといとまがないほどです。

 

バレ・リュー症候群型の顕著な症例としては、寝る時に交感神経が過活動に働きすぎてしまうことで起こる、熱や血圧の上昇、不眠症状がありますので、それが顕著にみられる場合は津市、おざき鍼灸接骨院にご相談ください。

 

耳鳴りやめまいの解消・改善方法は?

PTSDやバレ・リュー症候群型のむち打ちについては、専門機関の受診が望ましいとされています。しかしながら、耳鳴りやめまいは、それだけが原因とは限りません。

 

交通事故の場合、加害者側と被害者側で相談や謝罪の場などを設ける機会があり、その際に強いストレスを感じることがあります。

 

また、事故後には、度重なる保険会社との交渉が必要になり、場合によっては訴訟や裁判などを起こす場合があり、それによって強い精神的なストレスを感じることがあります。

 

そのような場合に、自律神経やホルモンバランスを乱してしまうのです。

 

通常は心療内科や神経科を受診することになりますが、それだけでは改善されない場合があります。 改善されない場合は、鍼治療、マッサージ、カウンセリングが有効とされています。

 

腰・その他の痛み

通事故後、腰やその他の部位に痛みがあらわれる原因としては、様々な要因があります。例えば、外部からの衝撃によるものとしては、骨折や脱臼、捻挫によるものがあります。

 

骨や骨盤などを損傷、または関節の脱臼、また、その周辺にある筋肉や神経組織を損傷等した場合、損傷・強打した部分が炎症を起こして腫れや痛みを起こします。

 

いずれにしても、交通事故の際、体の部位を強く打った覚えのある場合は、病院やクリニックなどで精密検査を受け、早急に治療や応急手当をすることをお勧めします。

 

また、交通事故を避けようとした際に、無理な姿勢や体勢をとったり、被害者救出や現場保全の際に、身体に負担のかかる作業をしたりする場合などに、痛みが生じることがあります。

 

原因は様々ですが、関節や筋肉、靭帯などがねじれや圧迫によって炎症を起こし、痛みを起こしている可能性があります。

 

また、ストレスによるもの、入院による運動不足で筋力低下が起こり、身体へ過度な負担がかかるようになった際の痛みなど、慢性的な要因が顕在化した場合もあるようです。

 

いずれにしても、身体へ痛みが発生した早い段階で、専門機関を受診し、原因を明確にしておく必要があるでしょう。

 

腰痛で外来受診を受ける方の、およそ7割が「ぎっくり腰」、「急性腰痛症」の診断を受けることが多いそうです。ぎっくり腰、急性腰痛症は、主に加齢による筋力低下や、運動不足による筋力低下などで起こることが多いと言われています。

 

普段することのない重労働、重い荷物を担ぐ・背負うなど、睡眠不足や過労などで筋力や体力低下している状態で、無理な体勢や過度な労働をした場合に起こることが多いようです。現状、ぎっくり腰については、安静と炎症や痛みの鎮静化、などの保存療法が良いとされていますが、自然治癒力を高めるには、やはり日頃からの運動不足の解消と、腰付近の筋肉組織や神経組織に負担をかけないような骨組みからの改善が一番です。

 

ぎっくり腰をきっかけに、慢性的な腰痛が長引いている場合は、ぜひ当院をご利用ください。

また腰痛を訴えられる患者様の1割から2割の方が、椎間板ヘルニアを患っていらっしゃるケースがあります。

 

交通事故の際に外部からの衝撃によって、骨と骨の間にあるクッション材、椎間板がずれ・歪むことで、その付近にある神経組織を圧迫してしまうのが椎間板ヘルニアによる腰痛の原因です。
また、その場合は腰痛だけでなく、神経組織が司っている足腰に痛みやしびれが発生する場合があります。

 

ぎっくり腰と同様に、安静と炎症や痛みの鎮静化が必要ですが、痛みがある程度治まった後は、筋力低下や基礎的な骨組みの歪みやずれを改善する治療法が一番です。

椎間板ヘルニアの治療が長引いて、なかなか治らない患者様は、ぜひ当院をご利用ください。

 

腰痛やその他痛みの解消・改善方法は?

当院では患者様それぞれの症状を確認し、それぞれの痛みや度合いによって、患者様に一番適した施術・治療を行っております。交通事故によるダメージは、人それぞれ、さまざまです。

 

その為、津市おざき鍼灸接骨院では、米国式油圧・空気圧脊椎調整機を始め、柔整マッサージや鍼治療、超音波治療などを組み合わせ、患者様の症状に一番適した治療法をとっております。また、筋肉の深部に届く最新の治療器「ハイボルテージ」も取り揃えています。

 

事故後、長期入院等で体力が低下している患者様については、特に接骨院での治療をお勧めします。接骨院での治療の真骨頂は、身体の基礎を整えることです。

 

身体の骨組みから健康な状態に近づけること、また事故前の状態に戻すことで、骨組みのずれや歪みで起こる各組織への負荷を抑え、血行促進などの自然治癒力を高め、筋力低下を防ぎ、慢性的な痛みを和らげることができます。

 

津市おざき鍼灸接骨院は、事故治療に関して経験・知識ともに豊富なスタッフを取り揃えておりますので、安心してご来院ください。

 

また、交通事故治療だけでなく、当接骨院での治療費について、保険会社とのやり取りを代理で行うサポート体制を整えております。

精神面・身体面でしっかりサポートする、津市おざき鍼灸接骨院を、ぜひご利用ください!

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ

電話 ネット予約 LINE予約 LINE予約
  • 店舗画像
  • 営業時間

    休診:日・祝+水・土 午後(土曜診療 13時迄)

おざき鍼灸接骨院

住所:〒514-0042 三重県津市新町2丁目1-52

アクセス:近鉄名古屋線【津新町駅】下車 徒歩5分

三重交通路線バス【津新町駅前】下車 徒歩5分