対応症例一覧

①首・肩・背中の痛み(肩こり・寝違え・五十肩)

肩の痛みから頭痛が…五十肩で腕があがらない

●このような症状でお困りの方

首・肩・背中の痛み

肩こりがひどくて頭痛がある
慢性的な肩こりなのであきらめている
五十肩で腕があがらない
寝違えで首が痛い  など

米国式ゼニステーブルとカイロ自動ベッドで頚椎アライメント調整や骨盤調整をおこなっていきます。
頚椎の正常なカーブと関節の動きを特殊なベッドで安全・確実に無痛で痛みなく調整していきます。
当院では慰安的なマッサージはおこなっておりません。
腰椎・骨盤調整のほか、手技療法・物理療法などを使って改善を図ります。

ハイボルテージ

痛みが強い方、早く痛みをとりたい方は、 最新治療器ハイボルテージ(自費治療900円/回)を使って最短で治すことが可能です。
また、鍼灸治療(自費治療900円/回)も希望があれば行いますし、必要な時には提案いたします。
保険適応疾患は医師の同意書により保険治療しています。

私たちは適切なリハビリをおこない再発の防止をサポートします。

 

②腰の痛み(ギックリ腰・ヘルニア・坐骨神経痛)

腰の痛み ギックリ腰は腰椎骨盤調整で改善

●このような症状でお困りの方

腰の痛み

腰の痛みが慢性化している
ヘルニアで手術が必要といわれた
足にしびれ・坐骨神経痛がある
ギックリ腰になった   など

米国式ゼニステーブルとカイロ自動ベッドで腰椎・骨盤調整を行い
骨盤の関節可動域の改善(腰椎の動きをつける)と骨盤の正常な位置への調整を無痛で行います。
当院では慰安的なマッサージはおこなっておりません。
腰椎・骨盤調整のほか、手技療法・物理療法などを使って改善を図ります。

痛みが強い方、早く痛みをとりたい方は、
最新治療器ハイボルテージ(自費治療900円/回)を使って最短で治すことが可能です。
また、鍼灸治療(自費治療900円/回)も希望があれば行いますし、必要な時には提案いたします。
保険適応疾患は医師の同意書により保険治療しています。

痛みでお困りのかた、ヘルニアで手術が必要といわれているけれど手術をしたくない方、足のシビレや坐骨神経痛といわれるような症状でお困りの方、一度ご相談ください。
私たちは適切なリハビリをおこないサポートします。

 

③膝の痛み(膝、足の痛み・正座ができない)

膝が痛くて歩くのがつらい

●このような症状でお困りの方

膝の痛み

膝が痛くて正座ができないのがつらい
痛みで歩けなくなってしまう不安がある
立ったり座ったりすると痛む
スポーツ中、膝を捻った  など

当院では痛みの原因、なぜ痛むのかを治療家の経験等に頼らず、超音波診断装置(エコー)など各種検査機器により科学的なデータを出すことで客観性のある診断を行い、患者さんにご自分の身体の状態を目にわかる形で説明するよう努めています。

また、膝の痛みといっても膝だけをみるのではなく、全身のバランスをみながら治療をおこないます。
腰や骨盤が原因で膝に負担がかかっている場合は米国式ゼニステーブルとカイロ自動ベッドで骨盤調整をおこなっていきます。治療時に痛みはありません。
また、手技療法・物理療法のほか、筋力トレーニングを行うリハビリ機器を使い改善を図ります。
さらに、痛みの再発防止のためにご自宅での体操や運動を指導させて頂きます。

痛みが強い方、早く痛みをとりたい方は、 最新治療器(ハイボルテージ(自費治療200円~900円/回))を使って最短で治すことが可能です。
また、鍼灸治療(自費治療900円/回)も希望があれば行いますし、必要な時には提案いたします。
保険適応疾患は医師の同意書により保険治療しています。

私たちは適切なリハビリをおこない再発の防止をサポートします。

 

④スポーツのケガ・外傷

スポーツのケガ・痛みに絶対的な自信があります。まずはご相談ください!!

当院は、お一人お一人に丁寧な問診、最新の機器(エコー)による検査を行っております。

スポーツのケガ・外傷

痛みの状態、お悩み、何でもお話下さい。
ご納得いただけるまでわかりやすくご説明致します。
治療は、必ず患者様の同意を得てから行いますので、安心です。

おざき鍼灸接骨院には、スポーツ愛好家、小・中学生や高校生、プロ選手の患者様も多数来院されています。

スポーツ障害とは、スポーツによってくり返される過度の負担の積み重ねが原因となって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態を指します。
軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。
よく名前の知られているスポーツ障害には、疲労骨折・投球障害肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝・骨端症などがあります。
このスポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があります。
例えば、小児の場合は骨の成長がまだ進行しつつある段階であるために骨端線(骨幹線)が弱く、そこにストレスが加わることにより炎症したり、骨が癒合せずに分離したままになる骨端症などになりやすい傾向にあります。

 

●スポーツのケガで大切なこと

1、 しっかりケガの原因を見極めます。
スポーツのケガで最も大切な事は、初期鑑別診断と初期治療処置です。
当院の初期鑑別診断には、骨以外にも靱帯・腱も視察可能な超音波観察装置(エコー)を使用し、経験的知識とあわせて、的確な判断をしていきます。
また、院長の臨床経験と技術(ギプス巻き・テーピング・装具の提案)を用いて、初期治療を的確・迅速に行うことにより大幅に治療時間が短縮し、的確な治癒に向かいます。

2、 しっかり確実に患部固定します。
初期治療処置である、完璧な固定は最も重要になってきます。

おざき鍼灸接骨院では、回復力の早い最新グラスファイバーギプスで確実に早期に治します。

スポーツのケガで大切なこと

このギプスを巻くのは東海地方でも数少なく、津市内ではおざき鍼灸接骨院だけです。
外傷(ケガ)は早期治療がすべてです。 確実に治したい方、早く現場に復帰したい選手や学生は、1日も早く診せてください。
初期での選択をあやふやにしてしまったら、慢性的な後遺症痛や関節の痛みが残りやすくなってしまいます。
内出血を伴う場合や接地困難な足関節の捻挫も、テーピングのみやサポーター固定だけでは、時間の経過とともに痛みは緩和しますが、関節の緩みが残ったり、慢性的な腫れなどが残ってしまいます。
よく、捻挫が癖になるといいますが、このような中途半端な固定が行われているからでしょう。
当院では、固定する時はしっかりギプスで固定し、松葉杖で免荷することにより、確実に治していきます。
このギプス固定にもこだわりがあります。当院が最後まで責任を持って全力で対応します。

3、 必要ならば病院も紹介します
当院では、精密検査や手術的な治療・処置が必要と判断した時は、大変信頼している病院医師へのご紹介を行っています。

4、「治った」「大丈夫」の自己判断は危険です。

「治った」「大丈夫」の自己判断は危険です

学生、スポーツ選手の場合、ある程度自分の体の悪いところを知っているのに、放置していることがあります。
実際、私も肩の脱臼、膝の靱帯損傷など、スポーツ選手として危険な外傷を受けた後、正しいリハビリを受けなかったために、慢性的な痛みに苦しんでいる方を見てきました。
これは、最初の治療をしっかり行えば防げたものですが、個人の判断で中途半端な対処しかしなかったために起こってしまったのです。
十分に治っていない古傷があると、その古傷が次の大きな外傷を引き起こす可能性はとても高くなってしまいます。
「忙しい」、「そんなに痛くない」を理由に、医療機関を受診しないのはよくありません。 早期の治療をお勧めします。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.