改善が期待できる頭痛について

現在、15歳以上の日本人のうち約3人に1人、3000万人以上の人が頭痛で悩んでいると言われています。
まず、頭痛には大きく分けて二種類あり、一次性頭痛と二次性頭痛に分けることが出来ます。

① 一次性頭痛

検査をしても異常が見つからない
頭痛、いわゆる慢性の頭痛です。
片頭痛(偏頭痛)緊張型頭痛群発性頭痛が一般的に頭痛持ちといわれる頭痛になります。

 

② 二次性頭痛

何らかの病気によって引き起こされる頭痛です。
中には命に関わる重大な病気が原因のものもあるので、この二次性頭痛の可能性のあるものは、必ず専門家の検査を仰ぐ必要があります。
くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍等がこれに分類されます。

おざき鍼灸接骨院で施術が可能なのは、この一次性の頭痛に当たります。
出来ましたらおざき鍼灸接骨院で施術を受ける前に、頭痛外来や専門機関で検査を受け、必要なら精密検査を受けることをお勧め致します。

今回は、その中でも代表的な片頭痛と緊張性頭痛について解説していきます。

 

片頭痛

片頭痛は脳の血管が拡張することで引き起こされるのが片頭痛です。
脳の血管が拡張し、三叉神経が刺激されることによって痛みが起こります。
ストレスから解放されたときに、血管が拡張することによって起こることが多いようです。
原因として、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの乱れ、空腹、疲労。
また、強い光や音の刺激によっても引き起こされます。
症状は、脈打つような痛み、吐き気、こめかみから目のあたりにかけて心臓の拍動に合わせるような痛み。
特徴は、体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅する。 また、音や光、におい、温度の変化に敏感になる。

 

緊張性頭痛

緊張型頭痛はストレスや緊張、頭蓋骨を包む筋肉や膜が収縮することによって痛みが起こり、ドーンとした痛みに襲われます。
頚椎の配列が悪いと頚部の筋肉に負担がかかり、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなると疲労物質が筋肉にたまり、神経を刺激して痛みが起こります。
筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢をとり続けたり、心配や不安などの精神的なストレスが原因で起こりやすくなります。
主な症状は、頭全体が締め付けられるような痛み。
特徴は、午後から夕方にかけて目の疲れとともに痛みが現れやすい。
また、吐き気や嘔吐などの症状はあまり現れないなどです。

一次性の頭痛、緊張型頭痛や片頭痛は
鎮痛薬でも痛みを抑えることができることが多い

頭痛と言えば鎮痛薬による治療が一般的だと思いますが、頭痛も痛み出した初期のころは鎮痛薬でも痛みを抑えることができることが多いと思われます。
しかしある程度の痛みを超えてしまうと、一般的な鎮痛薬では効果がない場合があります。
加えて頭痛もちの人の多くが鎮痛薬を常習的に使うことにより、薬の効果自体が落ちてくるために薬の量を増やしたり、薬自体きついものに変える傾向がありこれにより健康を害することがあります。
次に一般的なマッサージによる治療ですがこれは痛む場所への局所的なものにとどまることが多く、その場しのぎの根本的な改善につながらないことが多いのです。

 

おざき鍼灸接骨院の頭痛治療

お薬を使わずに原因を取り除きます
肩こりと頭痛はとても密接な関係にあり、肩の周辺の筋肉が緊張して硬くなってしまっていますと、同時に二つの症状が出てくることが御座います。
肩こりや首こりがひどくなってきたときに出てくる場合もあり、いくら痛みどめのお薬を飲んだとしても、その効果は一時的なものですので、たびたびつらい痛みに襲われてしまうのです。

骨盤、背骨のバランスが原因となって引き起こされているケース
こういった慢性的な頭痛というのは、骨盤、背骨のバランスが原因となって引き起こされているケースがほとんどです。同時に肩や首のコリがあらわれているという方も多いことかと思います。
同じ姿勢でのデスクワークが続いていたり、パソコン作業などを毎日おこなっている場合、肩周りの筋肉も緊張してしまってそこから頭痛につながってくるということもあります。

骨盤、背骨のバランスが悪いことによって、骨盤を土台にして伸びている背骨や頸椎などにもゆがみが出てきてしまいます。そうすると血液やリンパの流れが悪くなってしまい疲労物質が筋肉に溜まり緊張して硬くなってしまうのです。さらに神経伝達も阻害されてしまいます。
おざき鍼灸接骨院では、どのようなことが原因になっているのかしっかりと突き止めて、その原因から取り除いていくという治療をおこなっております。お薬などは一切使用しませんので、妊娠中でお薬を飲むことが出来ないという方にも安心して受けて頂ける治療です。
治療によって、つらい頭痛を取り除いてスッキリとした生活を送れるようになるはずです。

「緊張型頭痛」は、ストレスや緊張によって頭蓋骨を包む筋肉や膜が異常に収縮して起こります。
首の筋肉は頭蓋骨や首の骨に大半がついているため、これが緊張することでその周囲にある筋肉つまりは頭蓋骨についている筋肉にも緊張を及ぼし首の骨のゆがみを起こすのです。
ですから、根本的に頭痛を治すためには首のゆがみを取り、筋肉の状態を正常にし、結果として首を緊張度の低いバランスのとれた状態にすることが必要になるのです。

その他、「片頭痛」に関してもこの施術方法が有効です。
というのも「片頭痛」は脳内の血管で発痛物質が放出されることにより、血管に炎症が起こり、血管が拡張することで頭痛が起こります。当院の施術法では、発痛物質をリンパの流れにより排出させることにより、炎症からくる痛みの悪循環を一旦ブロックすることで、炎症を鎮静化させます。

「頭痛薬を継続して飲み続けている」
「頭痛の原因から改善したい」という方に受けていただきたい施術です。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.