成長期に○○を刺激すると身長が伸びるってホント!?

成長期に○○を刺激すると身長が伸びるってホント!?

2017-02-03

バスケットボール

身長を伸ばすためにしっかりと食事で栄養を摂取し、睡眠も十分取っているのに、思うように背が伸びずに悩んでいる成長期のお子さんはいますよね。

そんな身長コンプレックスを抱える方のなかには、バスケットボールやバレーボールの選手を見るたびに「身長が高いからこのスポーツを選んだんだろうなぁ」などと思い、あこがれの眼差しで見ているケースもあるのではないかと思います。しかし実は日常的に行っていると身長が伸びやすいスポーツがあることを知っていますか?バスケットボールやバレーボールは「身長が高い人がするスポーツ」ではなく、「やっている間に身長が高くなりやすいスポーツ」なのです。なぜ身長が高くなるスポーツがあるのか、興味がある方は是非お読みください!

 

身長と骨の関係は?

骨端線

身長を伸ばすためには「骨」、特に足の骨が伸びないといけません。では、「骨が伸びる」とはどのような現象をさしているのでしょうか?答えは「骨端線」にあります。

骨端線とは、成長期の子供の骨のみに存在する、骨の両端付近にある横線状に見える部分です。

この骨端線は、骨端軟骨とよばれ成長期ならこの骨端線の骨内部から軟骨が増殖し、硬い骨へと変わっていきます。これを軟骨性骨化といいます。これを繰り返すことで、身長が伸びることへとつながるのです。

 

骨端線と成長ホルモンの関係

骨端線における軟骨の増殖は、成長ホルモンの働きにかかってきます。

成長ホルモンとは脳の下垂体で分泌されるホルモンのひとつです。その成長ホルモンは、成長期に特に分泌量が多く、各組織の増殖や成長を促します。

骨に関しては、まず成長ホルモンが肝臓に働きかけ、肝臓で分泌されるソマトメジンCという成長因子が分泌されます。このソマトメジンCが骨端線にある骨端軟骨に作用することで、軟骨芽細胞が増殖するのです。このため、骨の成長には、成長ホルモンを十分に分泌させる必要があると言えます。

 

スポーツと成長ホルモンの関係

スポーツと成長ホルモンの関係は認められています。成長期はもちろん、成人後もスポーツをすることで成長ホルモンの分泌を促進できるのです。

さらには全身の筋肉を使ったスポーツを行うと、同時に全身の骨へと刺激を与えることができるため、骨端線に刺激が伝わり、軟骨増殖を促すことができると言われています。

ただし注意が必要で、あまりに筋肉への負荷が大きい運動を成長期に行うと、筋肉の繊維が傷つき、逆に骨の成長促進を妨げます。そのため、身長を伸ばすことが目的とすると、適度な短時間の筋肉トレーニングレベルで留めることがおススメです。

 

骨端線への刺激と骨の成長

医者 日本人

なぜバスケットボールやバレーボールといったスポーツは身長を伸ばすのに有効だと言われているのでしょうか?それは骨端線への刺激がポイントになります。

バスッケットボールやバレーボールは「跳躍系(ジャンプする)」のスポーツに分類されます。このジャンプする力は、骨に陰圧をかけます。言い換えると、骨を引っ張る力が働いているのです。

このようにジャンプすることで、物理的に骨を引っ張った状態にすると、骨端線に刺激が与えられ、骨端軟骨の血流が活発になり、ホルモンや栄養素など十分に運ばれます。すると骨端軟骨が増殖され、丈夫な骨が作られることになります。

骨に縦方向の力を与えるのは、ジャンプするスポーツだけではありません。鉄棒にぶら下がるだけでも、骨に陰圧を与える運動に入れられます。また水泳も、水中で身体を「縦方向に伸ばす」運動に分類されます。水泳は全身運動のため、全身の血流がよくなり、骨端軟骨の成長も促します。

 

まとめ

サッカー

したがって身長を伸ばすためには骨端軟骨に刺激を与え、血流を活発にし、軟骨の増殖を促すことが大切になります。オススメのスポーツとしてはバスケットボールやバレーボール、縄跳びなどのジャンプすることが多い跳躍系のスポーツ、水泳などが代表例として挙げられます。

 

成長期最強サプリメントはこちら⇒のび太郎

 

 

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.