3週間前から痛みが強く、歩行が辛くなってきた腰痛が改善

2017-05-18

腰痛

当院で実際に行った施術(改善報告集)

当院の施術で改善することを知っていただきたいので症例の一部をご紹介します。

●患者

女性 46歳 公務員

●来院

2017年4月から来院。5回で腰痛改善。

●症状

3週間前から腰部から左股関節にかけて痛みが強くなり、歩行も辛くなる。6年前に左股関節の手術をされ人工関節である。手術した部位に痛みがあるため、整形外科で検査を受けたが、問題なし。シップや薬では痛みがおさまらず、職場の同僚に進められ当院に4/3に来院される。

●治療内容と経過

初診時、脊椎の検査をしたところ3週間痛みを我慢していたため、脊柱起立筋(腰の筋肉)の筋緊張が強く、脊椎の関節可動域が狭くなったことからくることが原因だと考えた。腰の痛みをかばっていたため、左股関節にも疼痛が生じた。

まず、背骨矯正、骨盤矯正を行い脊椎の可動域の改善を図り、脊柱起立筋の筋緊張緩和のため筋膜リリースを行い、さらに痛みが強い腰部~左股関節に特殊電気を行った。

1回施術後、脊椎の関節可動域は拡がった。起立筋の筋緊張も緩和し、本人も体の軽さを実感する。

3回施術後(来院から4日)、最初の痛みが10だとすると3になる。長時間同一姿勢からの動き出しに違和感が残存する。

5回施術後(来院から15日)、疼痛が消失し普段通りの生活ができるようになる。

●考察

左股関節が人工関節の手術をされていると、筋力の低下などから腰への負担が来ることが多くある。今回の症例は、その負担が脊柱にかかり筋緊張や可動域制限が強くなったと考えられる。シップや薬、マッサージだけの施術では根本的な改善に繋がらない。当院では脊椎の調整を行うことで筋緊張の緩和、可動域が改善し、早期回復に繋がったと考えられる。

 

患者様の喜びの声

3週間前から痛みが強く、歩行が辛くなってきた腰痛が改善

[46歳 女性 公務員]

股関節手術で人工関節にして6年目。手術した付近の場所が3週間前から突然痛むようになり、歩けなくなってきました。人工関節の調子が悪いのかなぁと整形に行ったが異常なし。しかし、日に日に歩くのも辛くなり、これじゃあ仕事がというときに職場でここを進められました。正直ただのマッサージくらいと思っていましたが、腰から痛みがきているということで、腰に治療から。1回治療した後、体が軽くなったのにはビックリ。教えてもらったストレッチもあわせてやって3回目終わるころには、薬やシップも使わなくなりました。普段通りの生活ができるようになったこともうれしいですが、これから痛みが再発しても相談や治療がここでできると安心できたことが1番大きいです。ありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

スポーツのケガや腰痛でお困りの方はこちら⇒症例対応一覧

 

 

 

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.