20年間の慢性腰痛が改善した。[症状改善事例集]

2017-02-23

当院で実際に行った施術(改善報告集)

当院の施術で改善することを知っていただきたいので症例の一部をご紹介します。

●患者

男性 30歳 会社員

●来院

2017年1月から来院。

●症状

学生時代から腰痛持ちで、病院では「腰部椎間板ヘルニア」と診断された。仕事で忙しくなると座っていることができないくらい痛みが強く、朝起きるときが特に腰に痛みを感じる。1か月前から特に症状が強くなってきた。以前から病院でシップや痛み止め、整体で施術をしてもらっていたが、その場しのぎで痛みが繰り返えされ、会社の先輩の紹介で当院を知り来院される。

●治療内容と経過

初診時、脊椎の検査をしたところ、脊柱起立筋(腰の筋肉)の筋緊張が強く、脊椎の関節可動域が狭くなったことからくることが原因だと考えた。

まず、背骨矯正、骨盤矯正を行い脊椎の可動域の改善を図り、脊柱起立筋の筋緊張緩和のため筋膜リリースを行い、さらに痛みが強い腰部に特殊電気を行った。

1回施術後、脊椎の関節可動域は拡がった。施術後は腰が伸び、動き出しが楽になる。

3回施術後(来院から3日)、最初の痛みが10だとすると5になる。朝の痛みも軽減した。

10回施術後(来院から25日)、動き出しや朝の痛み改善される。

その後、患者様の要望により2週間に1回メンテナンスを継続中。

●考察

この症例は、慢性腰痛に多い脊椎の関節可動域が狭ために起こる腰痛であった。当院では、慢性的な痛みや不調の原因は、関節可動域の悪さが原因だと考えており、この方はまさにそれが原因で起こっていた慢性腰痛で、施術を重ねるにつれ可動域の改善と症状が良くなっていくのをご自身が体感しながら治療計画通りに進める事ができた。

 

患者様の喜びの声

20年苦しんだ、どうせ治らないだろうと思っていた慢性腰痛が改善した

[30歳 男性 会社員]

学生時代、「腰部椎間板ヘルニア」と診断され、慢性的な腰痛もちです。特に仕事後は、毎日激痛で朝起きることがすごくつらい状態でした。病院や整体などいろんなところ(人にいわれた院)に行きましたが、その日だけ痛みが和らぐだけでした。仕事場の先輩からおざき接骨院を紹介され、どうせよくならないだろうと思いつつ行きました。説明がしっかりして、自分にあった治療やストレッチをしてくれて10回でよくなりました。今は痛みなく仕事できています。ヘルニアや慢性腰痛で悩んでいる方は是非紹介したいです。今後ともよろしくお願いします。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肩こり、背中の痛み、腰痛でお困りの方はこちら⇒症例対応一覧

 

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.