5年前からの五十肩!!実際の症例

2017-09-11

【患者】

50代 女性 会社員

【主訴】

5年以上前から両肩が痛く、整形に通っていたが痛みが取れず、4月に入ってから痛みが強くなり4/27に当院来院。肩が上がらず、孫を抱っこできないのが悩みであった。

【症状】

安静にしていてもジンジンと痛みがあり、夜間痛もあった。また肩の可動域が狭く、特に結帯・結髪動作時(手を頭、腰に当てる肢位)に痛みが強かった。
以上の事から両肩の五十肩と判断した。

【治療・経過】

問診時に五十肩は3~6ヶ月治るまでにかかるが、ちゃんと治療したら必ず良くなりますと説明してから治療を行った。来れる日は毎日の通院で施術した。

1回施術後・・・痛みは変わらないが、肩が挙げやすくなった

1週間後・・・・夜間痛で眠れなかったが、痛み無く寝られるようになった

1ヶ月後・・・・はじめの痛みに比べると半分になった

2ヶ月後・・・・痛み無く仕事できる日も出てきた。週2回の通院に変更

3ヶ月後・・・・孫が抱っこできたと喜んでいた

4ヶ月後・・・・左肩の痛みは無くなり可動域も戻った。右肩は少し痛みはあるが調子良好

現在は少し右肩に痛みがあるのと、また痛みが戻るのがこわいとのことで週1回の治療でメンテナンスを行っている。

【考察】

肩が痛いからと肩を動かさずに我慢していると五十肩になるため、痛めてからすぐに治療することがとても大事である。すぐ治療しておくと1~2週間で完治することが多い。早期治療は早期回復にもつながるためとても大切であると感じた。

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.