踵が痛い!小学生の男の子に多い踵の痛み「セーバー病」とは

2017-07-31

今回は踵の痛み「セーバー病」について紹介させて頂きます。

セーバー病とは

かかと(踵骨)に発生する踵骨骨端症です。「セーバー病」「シーバー病」とも言われ、10歳前後の小学生の男の子に多くみられる症状です。

どのようにして発生するのか

10歳前後の子供は大人に比べて骨が柔らかいなか過度のスポーツ活動によって筋肉を酷使し、筋肉が付着する骨にストレスがかかり痛めやすい状態になっています。その為、過剰なジャンプ動作や繰り返しのダッシュ・急激な方向転換を行う事でアキレス腱が踵の骨を何度も引っ張り、骨の表面にある骨膜が炎症を起こします。

症状

①踵に疼痛・圧痛
②踵を付けて歩行が困難な場合もある
③骨変形を伴う場合もある

治療方法

①スポーツ活動を中止し安静をとる
②炎症が強い場合は冷やし炎症を抑える
③アキレス腱のストレッチング
運動制限をする事で症状が改善し一般的に予後は良好

次回は足首の骨の障害「三角骨障害」について紹介させて頂きます。

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.