腕をあげると手が痺れる!胸郭出口症候群のテスト法「ライトテスト」について!

2017-05-29

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の有無を調べるためのテスト法(ライトテスト)です
特に過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん)を断定する為に使われます。
※胸郭出口症候群(過外転症候群)の詳細はこちら→胸郭出口症候群(過外転症候群) 

※テスト法は自分で行うのは難しいため、画像を確認しながら行ってください。

ライトテスト

テスト法 ~実践~

患者さんにはベッドやいすに腰かけていただきます。
腕は体に付けた状態から患側(手の痺れが出る側)の肩関節を90度外転(腕を90度外側に開いていく)外旋90度(上腕骨を外側に捻る)肘も90度屈曲(肘を直角に曲げる)で橈骨動脈(とうこつどうみゃく)(手首の親指側の動脈)の拍動が消失するかどうかを術者が触れて確認します。
この時に橈骨動脈の拍動が消失していけば過外転症候群の陽性を疑います。

テスト法 ~原理~

腕を過外転していくと第一肋骨と鎖骨の間隙と烏口突起下で小胸筋と胸壁の間が狭くなり、腕神経叢鎖骨下動脈が圧迫されやすくなります。

【陽性】橈骨動脈の拍動が消失していきます
【陰性】橈骨動脈の拍動は正常。

このライトテストを左右で行い痺れのある腕側(患側)で陽性が出る場合は胸郭出口症候群の特に過外転症候群が疑われます。
「痛みがあるからもしかして胸郭出口症候群?」と思われる方は是非専門院で診てもらってください。

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.