肩こり・腰痛の実際にあった症例

2017-08-21

【患者】

50代 男性(デスクワーク)

【主訴】

10年以上も前から肩こり・腰痛が慢性的にあり、いきなり痛みが強くなり、安静にしていても重だるく、痛かった為H29 7/28 に来院された。

【初診時】

安静時、仕事中など何をしていても肩や腰に重い鈍痛のような痛みがあり、触診で筋肉が緊張しているのがわかった。また柔軟性が悪く、脊椎の可動域が悪いことから、痛みが出やすい状態であった。
以上の事から肩や腰の筋肉の痛みと考えた。

【治療】

まず、脊椎矯正、骨盤矯正で関節可動域の改善を図り、肩・腰の筋膜リリースとストレッチを行い筋緊張を取り、さらに肩部の痛みが強い部分に特殊電気を行った。

1回施術後 PS10→6(一番痛いときが10、痛くない時が0)まで改善された。

3回施術後 PS10→4となり、コリ感だけが感じられる。

4回施術後 日常生活で気になる事は無くなり、仕事後だけ少し感じる。

6回施術後 問題なく、仕事後もほとんど気にならない。

【考察】

肩こりや腰痛もほっておくと、慢性的に痛みが続いたり、しびれなど神経痛が出てくることもある。今回は痛みが強くなってすぐにしっかりと治療計画通りに来ていただいたため早期回復につながった。

【患者様の声】

〈肩、腰の痛みの解消〉
今までになく肩と腰の痛みが、ひどかったので偶然見つけたこちらにすぐに電話しました。 3日おきくらいの間隔で集中して治療に通いました。6回の治療で、痛みはほとんどなくなり大変楽になりました。また、様子を見て今後も利用させてもらいたいと思います

 

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.