肩こりで頭痛が辛い!!肩こりの症例

2018-05-09

【患者】

20代 女性 パート

【主訴】

家事、子育てやパートが忙しくて肩こりが辛く、頭痛があった。また抱っこすることが多く腰痛もある。症状がだんだんと強くなってきたため当院へ来院。

【症状】

僧帽筋の張りが強くなっていたため肩の重だるさがあり、血流が悪くなっていることから緊張型頭痛もあった。腰痛は脊柱起立筋の張りが強く、仙腸関節にも圧痛があった。また体全体的に柔軟が固く可動域が悪くなっていった。以上のことから肩こり筋膜性腰痛と考えた。

【治療・経過】

全体の筋緊張緩和、可動域の改善をするために背骨・骨盤矯正を行った。肩こりの重だるさや頭痛には特殊電気を行った。

1回施術後・・・可動域が改善され、身体が軽くなった。

2回施術後・・・PS10→3となった(一番痛い時が10、痛くない時が0)

3回施術後・・・重だるさ、頭痛、腰痛が改善され喜んでいたため治癒とした。

【考察】

可動域、柔軟の悪さは肩こり・腰痛に繋がります。適度な運動やストレッチを普段から行っておくことで予防をする事も出来ます。当院では寝ているだけで筋トレできる機械を体験する事ができ、自宅で行える簡単なストレッチを指導させて頂きます。身体の事でお困りの方がいましたら是非ご相談ください。

【患者様の感想】

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.