猫背が気になる!!実際の症例

2017-09-21

【患者】

中学3年生 男性 文化部

【主訴】

小さいときから姿勢が悪く、よくパソコンを使うことで肩が丸まり余計に姿勢が悪くなっていた。本人も気にしていたがお母さんが心配になり来院された。

【症状】

肩周りの動きが悪く、特に肩甲骨が動いていなかったバンザイもほとんどできず、丸まった肩が開かなかった。かなり猫背が強い状態であった。また側弯症もあったため左右差が出やすく、姿勢も悪くなりやすかった。

【治療・経過】

まず始めに姿勢矯正は3ヶ月程度時間がかかるためしっかりと説明をした。肩の可動域を良くするため、肩を中心にストレッチを行い、姿勢を伸ばすために背骨・骨盤矯正を行った。

3回施術後・・・肩が開くようになってきた

5回施術後・・・写真を撮って初診時と比較したら姿勢が良くなっていることがわかった

1か月後・・・・肩が挙げやすくなった

2か月後・・・・自分でも姿勢が良くなってきたことがわかる

3か月後・・・・かなり肩が動きやすくなり、いい姿勢もキープできている

3ヶ月施術を行い猫背や動きがかなり改善されたため治癒とした。
自宅でのストレッチは毎日継続してもらう。

【考察】

猫背は将来的に肩こりや頭痛を慢性的に起こしてしまうことがある。姿勢矯正は時間はかかるがしっかりと行えばよくなる。そのためには治療を定期的に行うことも大事だが毎日のストレッチがとても大事になる。今回は治療計画通りに来院し、しっかりと自宅でもストレッチしていただいたことで改善につながった。

【患者様の声】

姿勢矯正

ここを知ったのは、弟の友達の紹介でした。 僕は以前から姿勢が悪く、スゴい猫背で、周りからもよく言われていました。話を聞きに伺うと、このままでは将来、偏頭痛や肩凝りが。と聞き、通院する事にしました。 初めは、腕を上にあげても、まっすぐ上がらず、腕が耳につく事もなく、肩甲骨もほぼ動かずでした。しかし、8回目くらいから、腕も上がる様になってきて、家で行うストレッチも教えてもらい、姿勢もよくなってきました。 ここに、15回通いましたが、いろいろな事が改善されて、とても良かったです。一生懸命してくれた先生には、とても感謝しています。ありがとうございました。

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.