女子サッカー三重県代表のトレーナーとして帯同しました

2016-01-08

明けましておめでとうございます。

スタッフの和田です。

 

今回、1月3日から始まる兵庫県で行われた女子サッカー全国選手権に

東海代表の三重高校のトレーナーとして帯同させてもらいました。

負ければ3年生が引退という大事な試合です。

選手は1つでも多く勝つためにしっかり準備し試合に望みました。

それに私も関わらせてもらい、選手のケア・サポートをさせてもらいました。

結果としては全国ベスト16という結果で終わりました。

ここで3年生は引退です。

やはり自分の好きなスポーツだからこそ本当に悔しかったと思います。

でもほんとにみんないい笑顔で終われたと思います。

attachment00

 

 

今回帯同させてもらって、普段からの意識が大切か選手から教えてもらいました。

試合で100%出せない選手もいれば、いつも以上のパフォーマンスが出せる選手。

やはり、普段のストレッチ等のケアが大事だということがわかりました。

高校生でも、なかなかストレッチをしない選手もいます。

でも、やはりそういう選手は試合でいいパフォーマンスが出来ていない事がわかります。

大学・社会人まで続けるのであれば、学生のうちにストレッチをする癖をつけておかないと

社会人になったときケガをしやすいことがわかります。

 

おざき鍼灸接骨院では、ストレッチの指導も行っております!

ケガをする前に自分でしっかりケアをする!

少しでも気になることがあればすぐに聞いてもらって大丈夫です!

 

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.