大会前に膝が痛い!!走れない?ランナーズニーの症例

2018-04-25

【患者】

30代 女性 専業主婦

【主訴・受傷機序】

1年前にハーフマラソンを走ってから膝に痛みがあった。2ヶ月後にウィメンズマラソン(フルマラソン)に走るため練習をしていたが、膝が痛くて思うように走れなかった。大会で完走できるのか、走られるのかが心配で当院へ来院した。

【症状】

運動時痛(+)、圧痛(−)、グラスピングテスト(+)、特に運動後に痛みが強くなる。(+が陽性、-が陰性)
以上のことからover useによるランナーズニーだと判断した。

【治療・経過】

足の柔軟を良くして負担がかからない状態にするため、ストレッチを行った。痛みに対しては特殊電気やテーピング固定を行った。

1回施術後・・・痛みがかなり軽減したPS10→2(一番痛い時が10、痛く無い時が0)

2回施術後・・・7㎞走っても違和感もなかった

3回施術後・・・だんだん距離を伸ばせるようになった

6回施術後・・・ウィメンズマラソン完走できた!!終わった後も痛みがなかった

現在もメンテナンスで治療を継続中

【考察】

初めてマラソンに挑戦する方などはランナーズニーになる方が多いです。普段からストレッチをしっかり行っておくことで予防することもできます。今回の症例は治療計画通りに来ていただいたのと自宅でも毎日ストレッチを行っていただいたことで改善へとつながりました。早めの治療がとても大事です!!

【患者様の感想】

ウィメンズマラソン

フルマラソンに初挑戦してすることになったのですが、練習中に膝を痛めてしまいました。
思うように練習できなくなり焦っていたところ、ネットでこちらの接骨院を知り、治療を開始しました。驚くほど、どんどん痛みがなくなり、ストレッチの仕方も丁寧に教えていただきまた。そして、無事にフルマラソン完走する事ができました!本当に感謝しています。
ありがとうございます。

Copyright(c) 2018 おざき鍼灸接骨院 All Rights Reserved.